skiski2月山レポート2005年版

.......2005/6/20更新!!
 
このページは2005年度版の月山スキー場レポートです。
このページをご覧いただいた方で月山に行かれる方の参考になればと思い作ってみました。
遠くてとても月山までは行けないという方も、指でもくわえて見て下さい(・∇゜)\バキッ!
 
 
過去のレポートはこちら。 ■ 2004年レポート
 
大斜面の雪量(2005年度版) 微妙に毎回アングルや場所が違いますが…(^^;;;

4月24日

5月5日

5月8日

5月14日

5月28日

5月29日

6月5日

6月18日

6月19日

●2005/6/19(日)曇り時々晴れ(Report by TAKAちゃん。)
今日も朝からいい天気です。前夜やや飲み過ぎで朝から汗が噴き出しました。
Tバーリフトの混雑もほぼ皆無で、今日はTバーぐるぐるですごく楽しい1日でした。
まぁ、レポートとは言っても前日とあまり大差ないので(笑)大幅に割愛します。
今日のお昼ご飯は山頂駅の小屋で済ませました。ここに来たら絶対食べなくちゃいけない玉こんにゃく。
そしてなんでゲレ食がこの値段なの?って感じのとても良心的なお蕎麦。
これらを買ってリフト降り場に陣取ってご飯です。ご一緒してくれたみなさん、有り難うございました。
帰りがけに大斜面リフト乗り場を撮ってみました。リフト乗り場の崖登りですが、こんな感じの所を登らなくてはいけません。
とりあえず下山はかなり下まで滑り降りる事が出来ましたが、おそらく来週は無理だと思います。
姥沢小屋の下では、ボーダーさん達がエア台を作ってましたが、でもこれアプローチがちょっと短いんじゃ…(←大きなお世話)
帰りは特命記者さんに教えて貰った大江の直売所で佐藤錦を買ってみました。
さらに進んで国道13号の上山の先で、紅秀峰を買ってみました。どっちもものすご〜〜く美味しい〜〜〜(笑)←おいデブ、、、。
 
 
●2005/6/18(土)晴れ時々曇り(Report by TAKAちゃん。)
2週間ぶりの月山に行ってきました。晴れのち曇りという予報に不安を抱きながら行ってみると、快晴でした^^
到着は7時過ぎ。今回の宿泊先ロッジやつなみさんに行くと、特命記者さんが待ちかまえていました(笑)
お話してみると、今日はハニラー(猪苗代ミネロスキー場の常連さん達)が今日は大集合するとの事。
早速一緒に遊んで貰う事に。宿で着替えて出発しました。最下部のTバーはもう撤去されて、そこには藪が姿を現しだしています。
雪解けはかなり上の方まで進んでいて、舗装が顔を出していました。
リフト乗り場はかろうじて雪の回廊があるかに見えましたが、入り口がもう切れていて、プチ藪こぎです。
ペアリフトも低いところに掛け変わっており、しかも今年はなんだかいつもより低いみたいです。
途中、気をつけないと足が付いてしまい、自分が乗ってる搬機との間に挟まれます。…はい♪挟まれました。かなり痛かったです。
リフト下には蕗の花?が咲き乱れていました。リフト降り場の雪は完全になくなり、50mほど石畳を歩かなければいけません。
大斜面へのトラバースルートは3本ほど有るようです。ボードの方はちょっとハイクして、一番上を使えば大斜面までノンストップで一気に滑れると思います。
大斜面のコブはやや浅めで、全面コブにこそなっていませんが、ラインを選べばかなりいい感じです。
今日は気温も高くて、夏真っ盛りな服装の輪島さん(仮名)が居ました。
 
 
●2005/6/5(日)雨・ガス(Report by TAKAちゃん。)
天気予報に騙された1日でした。予報では午後は晴れ。でも月山は雲の中でした。
到着は9時。天気が悪いのでロッジやつなみさんに寄って、しばらくウダウダしてました。
11時過ぎに天候回復の兆しが出てきて、とりあえず着替えてあがってみる事に。
気持ちも萎えてるので、ハイクではなく、アンバーリフトを使用しました。
姥沢ではあちらこちらで、エア台が出来ていました。こんな天気の時はこの遊び方が正解かも知れないですね。
とりあえずペアリフトへ乗車して大斜面を目指す事に。リフト降り場の状況は先週末とほとんど変化がありません。
ところが上に着いた途端、雨が本格的に復活してきました(涙)当然どこもかしこもガスっていてよく見えません
雨も酷いので、沢コースを滑り降りて、とっとと下山しました(←負け犬)
志津温泉まで降りてきたら、雨の降った形跡がありません。月山湖を過ぎると、雨ってナニ?状態でした。
帰りも米沢経由で、新緑眩しい米沢スキー場栗子国際スキー場脇を通ってきました。
 
 
●2005/5/29(日)晴れ(Report by TAKAちゃん。)
skiski2滑り納めオフ2日目を迎えました。前日の深酒がたたって、滑らないメンバーが1名。
宴会では新人のこーちゃんを加えて深夜までどんちゃん騒ぎでした。その模様はオフアルバムをごらん下さい(笑)
天気は昨日よりも更に良くて、快晴無風という感じで、暑かったです。今日は昨日よりも人が多く、リフト待ちは最大で30分。
Tバーにもリフト待ちが発生して、ワイヤーのメンテ時には最大20分ほどの待ちがありました。
リフト降り場の雪はよく集められていて、だいぶ減ってきては居ますが、来週も板の脱着はしなくて良いかも知れませんね(未確認です)
今日のランチは姥が岳休憩場の外で済ませました。でも12:15の時点で蕎麦が…その15分後にはうどんが売り切れになりました。
リフト降り場からのMogul大会跡地の様子です。エア台は2カ所、ピッチはほどよくとても滑りやすいです。最大倍率で撮ってみました。けどなんだか良くわかりませんね(笑)
Tバー左側のラインコブはボーダーさん達が作ったそうです。上部はやや間延び気味。最下部はちょ〜細かい罠コブでした。
大斜面は相変わらず全面ラインコブどん深コブ。う〜んムズい(笑)
ペアリフトが空いてきた14:00には下山しました。まだ駐車場には車が一杯でした。
最後は尾根づたいに降りて行きましたが、最後の最後にちょっと変則的なコブがあって、足が攣りそうになりました^^;;;
 
 
●2005/5/28(土)晴れ時々曇り(Report by TAKAちゃん。)
今日から2日間。skiski2の滑り納めオフです(オフ会の模様はこちら。
参加人数は15名と普段より少なめですが、みんな一緒に行動できたりして、大人数のオフ会とは違った楽しみがありますね^^
初日の朝一番は雲が低くガスってて、姥が岳すら見えませんでした。
でもゲレンデに出て見ると待っていたかのように晴れ間が広がり、雲一つ無い…とは行きませんでしたが、暑いぐらいでした。
初月山のメンバーが数名いたので、姥が岳に20分かけて登ってランチをしてみました。山頂からの景色はまた格別で、とても綺麗です。
牛首には広大な雪原が広がり、みんな「ここ滑りたい〜〜」と申しておりましたが、誰も滑りませんでした(笑)
肝心の大斜面ですが、やはり去年と同じ全面すだれラインコブとでも言いましょうか…
ピッチが長く落差の激しいコブで、直線的に攻める事が出来ません。リフト乗り場の状況はこんな感じです。
リフト待ちは多いときで20分ぐらいでした。(…翌日へ続く)
 
 
●2005/5/14(土)曇り(ガス)のち晴れ(Report by ちゃうちゃう♪)
今朝も山はガスがかかって白いです。下のTバーが動いていないのでリフトまで歩いて登りました。(ちなみに日曜はTバーを使いました)
リフトから見ても上の方は真っ白〜。Tバーも上がりましたがやはり真っ白〜
そして、昨日の積雪のせいで、曲がらないし、滑らない。怖い〜。
午後になると、天気も良くなってきたので牛首まで行きました。
牛首にも雪が積もっていたので、みんなでワックスを塗り、大直滑降大会をしました。とっても気持ちよかったです〜♪
トラバースして行くと、大きなせっぴもありました。
やっぱり月山スキーは、山!!ってカンジで良いですねぇ。
もちろん、コブも滑りました。結構深めのラインも出来ていました。
晴れるとコブも気持ち良いですね。 見えないと滑り辛いけど。
Tバー脇のラインはこんなカンジでした。そして山スキーを楽しみつつ下山
 
 
●2005/5/13(金)みぞれ(雪?)(Report by ちゃうちゃう♪)
今シーズン初の月山。宿(志津)に着くと残念ながら雨。姥沢の方はみぞれらしいとのこと。
天気の様子を見つつ、待機していましたが、回復の見込みなし。
とりあえず麓まで行き、ガスで白い月山を横目に、なぜか(笑)清水コースへと。
最初のうちは、板も滑って気持ち良かったけれど、下に落ちているブナの油のせいで板の裏側はベタベタになり、全く滑らなくなりました。
滑るというより、歩くというカンジでしょうか。おまけに、上に行くと思って寒いだろうとウェアの上に合羽を着たので汗だくになってしまいました。
上の駐車場から、志津まで、約1Hかけて降りました
 
 
●2005/5/8(日)曇り時々晴れ(Report by あさ)
月山に行ってきました。ゴールデンウィーク最終日と言う事か、今年は雪が多いから多くのスキー
場がまだ営業しているからか人は少なかったですね。リフト待ちもほとんど無しでした。雪は皆さんお
書きの通り多いと感じました。今回はペアのみぐるぐるだったのでTバーは使っていません。そのためTバー脇のラインの状況は不明。
大斜面にはもともとあった4本のライン以外にも数本できつつあります。新生ラインはこぶの間隔も適当で滑りやすいです。
4本のラインは上半分は一応基礎系の私ですが間隔が長いと感じましたね。大斜面までのトラバースラインです。あのラインがあるところまで行くのがしんどかった。
リフト降り場はまだ雪いっぱいで板着けたままでも余裕です。オフ会まであればいいな〜。
リフト乗り場も超余裕。がけをはい上がらなくていいので快適です。
 
※米沢方面から月山へ抜ける方へ朗報です。
 R458の上山〜山辺へ抜けるトンネルが開通してます。これはかなりの時間短縮ですね^^
 どこのことか解らない方へ、地図(笑)
 
 
●2005/5/5(木)曇り時々晴れ(Report by TAKAちゃん。)
ふかまんに遅れること2週間。今年初の月山です。
天気は晴れ!とまではいかなかったけど、気温はそれほど暑くならず、時折青空も広がり、まずまずの状態でした。
今年はほんとに雪が多い! まさかGWで雪壁が見られるとは思いませんでした。
朝4時頃の到着だったんですが、駐車場に車はちらほら。今年の月山、かなり空いてます。
すこし仮眠して、のんびり10時頃リフト乗り場へ向かいました。今月末skiski2オフで使用する「ロッジやつなみ」さんが新しくなってます。
途中、姥沢小屋下部の斜面ではエア台がにょきにょき。レールなんかも有りました。たぶん雄志が持ち込んでいるのでしょう。
今ならリフト向かって右側もまだ滑り降りて来れそうです。今日はなんと、リフト直下滑ってる人がいました^^; 
上駅に着いてみると、なんとTバーリフトが近いです。これはかなり嬉しい(^^)
肝心のTバー脇の斜面ですが、すぐ脇のコブは昨日、ボードの講習で使用したとかでもうかなり終わってました。
その外側に、特命記者さんが朝から作ってたという新しいラインがいい感じで完成間際。Tバー裏側にはエア台2つ付きのMogulラインがありました。このライン、た、たのしぃ〜〜〜♪
大斜面へのトラバースラインは多数有ります。一番上を使って大斜面まで行ったんですが幅が狭く、途中クレパス越えもあったりしてちょっと怖かった(笑)
斜面は長いラインが4本。上部の緩斜面は楽しいんですが、中斜面になると間延びした階段コブで、もう旬は終わってます。この双方のラインの間にいくつかのコブが…
全面コブ天国まで後少しですね^^ リフト待ちはまるで無く、このままならあと2週間は板履いたまま乗れそうな予感です^^
ただ、黄砂の影響か、かなり斜面が黒くなってきたようです。帰りに斜面から見た駐車場はGW中なのに閑散としてました。
寒河江ダム(月山湖)にも雪が残ってました。
 
※米沢方面から月山へ抜ける方へ朗報です。
 R458の上山〜山辺へ抜けるトンネルが開通してます。これはかなりの時間短縮ですね^^
 どこのことか解らない方へ、地図(笑)
 
 
●2005/4/24(日)曇りのち晴れ(Report by ふかまん)
待望の晴天。
この時期でも一面真っ白の別世界です。しかも前日から降り続いた雪で10cm程の新雪。でも湿ってるので、ちょっと重い雪です。
日曜だけど余り混んでないので、リフト待ちも無し。今日からリフト上駅すぐ上のTバーが1本営業を開始しました。
上駅にある標識が軒並み雪に埋まっているのを見ると、積雪の多さが実感できます。
ほとんど人のいない巨大な牛首ゲレンデで超大回りなんかをやって遊びました。小回りするのが勿体無いくらいの広さだし。
午後は姥ヶ岳山頂から湯殿方面へ下り、湯殿山山頂までハイクアップ。山頂からネイチャーセンターまで森の中を滑走して終了です。
しかし、林間の雪はクラスト状態なので、コケまくりでした。
 
 
●2005/4/23(土)雨のち雪(Report by ふかまん)
早速行って来ました、今年初の月山です。今年は積雪が豊富でロングシーズンが期待できそうですよ。
天気予報では、天候は回復方向ということでしたが1日中雨と雪、おまけに強風という最悪の天気。
Tバーも営業開始を1日延長。客も少なくリフト待ちは当然無し。
リフト上駅付近では、視界は無いに等しいため、リフトから余り離れずに滑走することに。
午前中は沢コースと、牛首方面から回り込んで姥沢小屋上部に出てくる林間コースを滑走。
ゲレンデ上部の雪は結構しまっていて良い感じだけど、下の方はやっぱりグサグサ。
ちなみに牛首では初めてホワイトアウトを体験。
本当に真っ白で、足元も見えない。次第に平衡感覚が無くなり、まともに立ってられない状態に。気分も悪くなってくるし...
午後も天候が回復する兆しはなし。
大斜面をトラバースして、そのまま湯殿山との間の沢の方向へ下りネイチャーセンターと呼ばれる施設まで森の中を滑走して終了です。
林間を滑れるのは、危険回避のため、GW直後位までだそうです、
 
 

月山の更に詳しい状況はこちら↓にも^^


すきつ〜(skiski2)ホームページへ