中級編

アクロのページ topへ

道具 スキー場等 初級編 中級編 上級編 アクロキャンプ アクロ掲示板


さて。初級編では数々の小技を紹介してきました。
中級編のここでは、見栄えのするフリップ系の技・アクセル系の技を紹介していきましょう。

って偉そうな事書いてますけど、俺もほとんど出来ません。すべて練習中です(笑)
一人でも多くの人にアクロを知って貰い、また競技として復活してくれるよう願っている、
ただの一般ピープルです(笑)

でもね?初級編で紹介したほとんどの技は特別なマテリアルが無くても出来ることばかりです。
これをマスターしていけば、なにもアクロで目立つことばかりではなく、確実にスキーの板が自分の足に近づきます。
なにが言いたいのかというと、不安定な体勢での内足のアウトサイドエッジを使ったターン。
これなんか、コブ斜面でバランスを崩してしまったときにリカバリーの役に立つと思いませんか?

そうです。アクロをマスター(←できっこないけど)することは、リカバリー能力の向上に繋がるんです。
どの技にも必ずちゃんとした練習方法があります。きちんと正しい練習方法で身につければ、怖くありません。
スキーが滑れれば、アクロの技に不可能な技はないと言っても過言ではありません。
もちろんフリップ系の技にもちゃんと段階を踏んだ練習方法があります。
きっとあなたにも出来ます。(←悪魔のささやき。)

さぁ。今PCの前で2の足を踏んでるあなた。…お前だよお前!!(笑)
早速アクロを始めてみましょう。

フロントフリップ
フリップ系の技こそアクロの醍醐味。俺はこれが一番やりたくてアクロを始めたと行っても過言ではありません(笑)
ワンメイクでミスティとかの3Dを決めるよりも、はっきりいってとっつきやすいです。
しかも目立ちます。カッコイイです。リフトからの声が快感に変わります(笑)
さぁ。君もやってみよう。
フロントオープン
フリップ系の技の中で一番最初に覚える技です。基本ですね。
ここでは、その練習方法から詳しく書いていきましょう。
ただ、大事なことは無理はしないと言うことです。少しでも恐怖感があるようならば補助をして貰いましょう。
<STEP1>
まずスキーブーツを履いた状態で(板は付けない)、斜面の上に向かって逆立ちの練習をします。
どう?踏み切れないから意外と難しいでしょ。
雪の上なので反対側に転んでもそれほど痛くはありません。思い切って逆立ちしてみましょう。
この時大事なことは、足の振り上げを強く意識することです。
せっかく逆立ちしても足が曲がっていては意味がありません。
<STEP2>
次はポールにぶら下がる練習です。これでポールにぶら下がるという感覚を掴みます。
まずは雪面を軽く蹴って、その場でジャンプしてはまた元に戻る。と言うことを繰り返してください。
この写真は練習風景です。
<STEP3>
次はいよいよ補助付きで回ってみます。
最初は怖いので両側から支えて貰いましょう。
<STEP4>
ここまで出来れば後は度胸一発(笑)最初は柔らかい雪の上で練習してみましょう。
この時は当然斜面の下に向かって回転します。
その方が踏み切ってから足を持ち上げる力が小さくて済むので、回りやすいです。
注意することとして、雪面をよく見ること。見る場所は2本突いたストックの中心線の延長上、前方20cm〜30cmです。
足が完全に振り上がるまでここをしっかり見つづけて逆立ちの姿勢を作ること。
逆立ちの姿勢が長ければ長いほどカッコイイです。
と…文字で書いてもよく解りませんね(笑)
こちらをご覧下さいませ。
フロントオープン動画(wmv形式…132kb)
<STEP5>
いよいよここまでマスターしたら次は板つけて回るだけ。
ただ、ブーツの時と違って踏切がひっじょ〜〜〜〜に大変。しかも着地後には板が滑り出します。
振り上げが弱いとパイルドライバー。振り上げが強すぎるとブレンバスター。
どちらにしてもそこそこ痛いです(笑)
ただ、回ることばかり意識しすぎて早く回そうなんて、思いっきりやると、着地後に勢いが付きすぎて前のめりに転倒します。
…はい。俺はこれで肋骨をやっちゃいました(笑)
その時の動画ではないですけど(笑)←見たくないって。
板を付けてやるとこんな感じです。
フロントオープン動画(wmv形式…129kb)
なんか転んでますが、気にしないでください(笑)
ロックンロール
これもフリップ系の基本技の一つ。
まず斜滑降し、ストックを突いてリフトアップします。この時両足をそろえて振り子のように前方に降り出します。
降り出した足がストックに当たって後ろの戻る力を利用して下腹部に当てたストックを軸に回転します。
頭が下になったら突いたストックの間に頭を差し込み、回転力の手助けをします。
最後に下腹部から肩の方へストックを押し上げて着地します。。
コツとしては、まずストックに身体を上手く乗せてやること。
この動作さえ出来るようになれば、オープンフリップより回るのは簡単らしいです(…師匠談)
でも、なかなか上手く乗れないんだよねぇ…(笑)
この技も初めてやるときは必ず補助についてもらってチャレンジしましょう。
補助する側はストックが倒れないようにしっかり押さえてあげることと、
技の回転が足りない場合は背中を上から押さえてあげて、回転の補助をしてあげましょう。
もし回転が足りなく、逆立ち姿勢の途中でストックが手前に倒れると危険です。
その場合は…まず十中八九シャチホコになってしまいます(痛っ)
人は一度恐怖を感じてしまうと、その次にすすめません。
そうならないためにも正しい方法で練習してくださいね。
ロックンロール動画(wmv形式…91.7kb)
師匠本人の断りもなしに勝手に貼り付けてます(笑)
フロントガッツフリップ
フリップ系の基本技の一つ。ロックンロールとの一番の違いは振り子動作がないこと。
ロックはストックを開いて突くのに対し、ガッツは2本のストックを束ねて一カ所に突きます。
跳び箱の倒立前転のような感じで、踏み切って一気にストックを支点に前方宙返りします。
この逆立ち姿勢の時、足が曲がっていると格好悪いので、足をしっかり伸ばすことを意識して飛ぶそうです。
ちなみに初めてチャレンジするときは必ず補助をつけてやってみましょう。
ただ、この技は補助するのが結構難しいらしいです。
ワンポールガッツフリップ
これもガッツフリップの一種で、読んで名前のごとし。ストック1本で行います。。
他はガッツフリップと同じですが1本しか使わないので、残りの一本は置いておくか十字に持つようになります。
バックフリップ
アクロのポールフリップにもバックフリップは有ります。
あまりやる人は居ませんけど…(笑)
バックオープン
この技は感じとして鉄棒の逆上がりと似た感覚かもしれません。
グリップの持ち方に順手(演技終了後に手がねじれる)と逆手(演技終了後に通常の形になる)の2種類有ります。
ちなみにやるときは、かなりの勇気がいります(笑)…俺はやろうと思って思いとどまりました(…だ、だめじゃん)
フリップ終了後に、かなり肩が厳しい形に回りますので、チャレンジする前に特に念入りにストレッチをして、
肩の筋をよく伸ばし、充分肩を暖めてからやってみましょう。
当然、補助にも付いてもらいましょうね。
バックガッツ
まず見かけることがありませんが、技としては存在します。
第1回目の世界選手権ではこの技をやった選手が居たらしいです。
ちなみに本にも載ってませんので、練習方法その他は一切不明ですけど(汗)


ここまで数々のフリップ技を紹介してきましたが、この技のほとんどにひねりを加えることが出来ます。
例:ガッツフリップ・フルツイスト とか、 ロックンロール・ハーフツイスト などがそうです。

このひねり技の名称について呼び名だけ説明します(だって、俺まだ出来ないんだもんな。)

 ★半回転 ハーフツイスト
 ★1回転 フルツイスト
 ★1回転半 ルーディー
 ★2回転 ダブルフルツイスト

バックガッツを除く、基本技となる5種類の技にこのひねり技を加えると…
5種類×ひねり4種類で、20種類の技があることになります。

…オープンフリップやロックンロールで1回以上ひねるのは物理的に無理か(笑)
ってことは、16種類ですね。


ちなみにこちらは、ロックハーフです。
ロックンロールハーフツイスト動画(wmv形式…88kb)

ポールレバレージ
フリップとはちょっと違いますが、ストックを使った技の中でも見栄えのする技もあります。
スプレッドキック
基本的なリフトアップ系の技で、斜面を滑走して勢いをつけて肩幅に開いたストックを、やや前方に突きます。
そのストックに身体を預ける方にして後ろから振り子で持ってきた足を両足とも上へ持ち上げ、さらに広げます。
ちょうど、コサックをしたときのように足を開きますが、この時ストック(グリップ)はお尻の横にあります。
上げた足は高ければ高いほど綺麗にキマります。
バタフライ
フリップ技に似た、横回転の技です(笑)…もっと他に説明のしかたないのか?>俺。
この技は…文字での説明はしばしお待ちを。
動画をご覧下さいませ(笑)
バタフライ動画(wmv形式…42.6kb)
頭はなるべく下げて(腰は曲げない)
足を高い位置に上げるのが良しとされてます。

アクロバティック
このカテゴリーの技は、バレエ(ballet)と言うより床運動かなぁ…。
カートウィール
はっきり言うとただの側転です(笑) ちなみにストックは持ちません。もしくはストックを握って、拳で行います。
でも馬鹿にする無かれ。ゲレンデでブーツと板を付けると全く別物の技です。
一度、ブーツのみ(板は付けない)で回ってみると解りますが、足が全然上がりません。
予想以上に足がデブ…(・∇゜)\バキッ! も、もとい。足が重いんです。
かなり意識してしっかり振り上げないとガキンチョのへなちょこ側転になってしまいます(笑)
これは練習有るのみですね。
カートウィール動画(wmv形式…76.6kb)
ワンポールカートウィール
今度はストックを1本(2本でも束ねて持てば同じ)使います。
オープンフリップのように、雪面に突いたストックの頭から片手でぶら下がり、
もう一方の手はこの突いたストックの先端(バスケットの上)を掴みます。
その状態で足を高く振り上げての側転です。
これも練習有るのみですね。
ダイグルハンガー
この技こそフロントオープンと床体操のハンドスプリングとの、あいのこですね(笑)
片方の手はストックを突いてぶら下がり、もう片方は雪面を突いたストックと平行になるように直につきます。
この時雪面に突く手はストックを握って拳を作っても、また何も持たずに開いていていいです。
腹筋、背筋を上手く使って立てるようになるまで何度も練習しましょう。
フロントオープンが出来るようになっていれば、さほど難しくはないと思います。

アクセル
お待たせしました。中級編の締めくくりは横回転技です。
フィギアスケートで良く聞くアクセルという技が、実はスキーでも存在します。
基本的にすべてのアクセル技は、斜面を斜滑降して助走し、
進行方向に向かって真横に一気に加重(エッジセット)して反力を得て、
その力をジャンプする上方向への力に変換して高く飛び上がります。
そして、その時エッジセットしていない振り上げた足で勢いをつけて回るというもの。
アウトサイドアクセル
斜滑降をして徐々に足を開いていき、一気に谷側の足でエッジセットする技の総称です。
最初はこの技から練習するといいかもしれません。また、初めから360度を回ろうとせず、
180度回転が安定して出来るようになったら360度回転、更に540度回転。720度回転と
段階を踏んでチャレンジしてみましょう。
練習方法としてはこれはランドトレーニングからやった方が覚えが早いと思います。
ちなみに俺はまだチャレンジしたことすら有りませんけど…(・∇゜)\バキッ!
なので、ここから先は受け売りです(爆)
最初は運動靴でエッジセットして踏み切り、1回転する。
これで重要な体軸の作り方や踏み切りをしっかりと覚えます。
軸の作り方と踏み切り方を覚えたら、次はストックを持って練習します。
この時の練習は、360度より多く回るのではなく、ストックを補助にして、
それを手で押し出すことにより高さを出す練習をします。
ストックを押し出した後は、遠心力が加わって手が開こうとしますが、身体に密着させ、
開かないようにします。
ここまで練習したら次は雪上でのトレーニングです。
インサイドアクセル
斜滑降をしてジャベリン姿勢(足を交差させる)を取り、その重ねた足に一気に加重してエッジセットする技の総称です。
エッジセットとほぼ同時にもう片方の足を後ろへ振り上げ、回転力を付けます。
いま、頭の中にはてなマークが出てる人のために、
動画を見てみましょう(笑)
インサイドアクセル動画(wmv形式…89.3kb)
これ、インサイドアクセル720なんですが…
さすがと言うほか無いですねぇ。

★アクセル系の技にはその入り方。終わり方によって色々名前があります。
★ここから先は、ちょっと説明をつけた技の紹介のみということで…
★だって、動画ないんだもんな(・∇゜)\バキッ!

リバースインサイド
スライドクロスからインサイドアクセル360に入る技です。
サンパー
この技はアウトサイドアクセルと同じ踏み切りで、振り上げた足をすぼめて重ねるように入れ込みます。
ステイクロス
インサイドアクセルと同じ踏み切りですが、振り上げた足をすぼめて…う〜んこんがらがってきた。
…良くわかんないので、本買ってください(・∇゜)\バキッ!
クロスイン
アウトサイドアクセル系ですが、エッジセット後、回転中に足を交差してジャベリン姿勢で着地します。
リクロス
インサイドアクセルと同じように踏み切りますが、空中でイリュージョン→ジャベリンスピンを
やるように回ります。
う〜ん。いっぱいありますね。
…もう既にどの技がどの体勢でって俺も解ってません(・∇゜)\バキッ!
アクセル
これぞフィギアスケートと同じ踏み切り。
アウトサイドアクセルのように斜滑降して入りますが、外スキーでエッジセットするのではなく、
ターン時の内スキーでエッジセットします。
カタパルト
アクセルと同じ踏み切りで回転しますが、回転中にジャベリン姿勢を作り、足を入れ替えた状態で着地します。

ここまで書いていて俺自身、勉強になったこと。
アクセルの踏み切りは3種類ですね。

斜滑降してターン時の外スキーでエッジセットするアウトサイド系。
斜滑降してターン時の内スキーでエッジセットするアクセル。
斜滑降して内スキーを交差させてエッジセットするインサイド系。

そしてそれぞれの技に、ジャベリン姿勢で回ったり、そのまま回ったり、
リバース姿勢で回ったりと…

これに、360回転・540回転・720回転と、色々組み合わせていくと…??

エッジセット3種類×回転姿勢3種類×回転数3種類=おお。27種類もあるのかぁ。

よおぉぉぅぅううし。
チャレンジするぞ〜〜〜(笑)


アクロのページ topへ

道具 スキー場等 初級編 中級編 上級編 アクロキャンプ アクロ掲示板