スキー場等

アクロのページ topへ

道具 スキー場等 初級編 中級編 上級編 アクロキャンプ アクロ掲示板


ゲレンデ(スノートレーニング)
斜度がやや緩く、硬く締まった1枚バーンで練習(演技)します。
と言うことは…圧雪された緩い斜度。そう。ここには初心者がいっぱい居ます。
リフト脇でフリップなんか決めた日にゃもう、注目の的間違いなし(笑)
そうなんです。アクロは見ている人が居てなんぼの世界。
練習も人の居ないところで練習なんぞしないで、堂々とやっちゃいましょう(笑)
みんなに知ってもらう。しいて言えば、それがアクロ普及の第一歩です。
 
オフトレーニング
夏場は雪がないので(当たり前か…)公園の砂場・芝生・砂浜等でトレーニングします。
SSAWSでトレーニングという手も有りますが、残念ながら2002年9月には閉鎖されてしまいます。
元々フリースタイルスキーは3種目有りました。アクロ・エアリアル・モーグル。
実はこの3種目の中で一番、体力・持久力を消費するのがアクロ。
体力の維持・バランス感覚の向上にオフトレーニングは欠かせません。
体力作り
持久力の必要なアクロに基礎体力の向上は欠かせません。
とにかく走り込んで持久力を付けましょう。
技のランドトレーニング
砂場で、ストックを突いた反力を利用した技のトレーニングには、少し工夫がいります。
着地予定地点の砂は一度掘り起こして柔らかくしておきましょう。
ストックを突く位置は柔らかいとストックが潜ってしまい、とても危険なので、
水をまくなどして固めてからトレーニングしましょう。
ストレッチング
まずは身体を暖めることと、身体の各所の筋をよく伸ばしましょう。
特に足首・膝・股関節・肩は充分暖まるまで動かしましょう。
これから紹介する、アクロの数々の技は、どれも稼働域の極限まで関節を酷使します。
怪我をしないためにもストレッチングはかなり重要です。

アクロのページ topへ

道具 スキー場等 初級編 中級編 上級編 アクロキャンプ アクロ掲示板